印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


長野県議会議員 すわ光昭 オフィシャルサイト
  ■危機管理建設委員会委員 ■議会運営委員会委員

2017.05.31

北アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会総会が開催されました。

北アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会(下川正剛会長)の平成29年度総会は31日、大町市のアプロードで開催されました。
新年度では、春山をはじめ各シーズンの遭難防止対策に取り組むとともに、夏山常駐パトロール隊活動、道標等の整備事業、救助の即応体制の確立、救助訓練の実施などの事業計画を決定しました。
席上、長年にわたる救助活動などの功績により、山﨑義幸さん(大町班)、稲垣力さん・伊藤妙子さん(白馬班)、植田陽子さん(小谷班)の4名が会長表彰を受けました。
受賞者の皆様おめでとうございます。引き続き、遭難の未然防止、遭難者の救助活動等にご支援ご協力をお願い申し上げます。

▲ ページトップへ>

2017.05.31

県市長会から陳情書を受け取りました。

県市長会からの県の施策に関しての陳情が31日あり、垣内基良議長と共に陳情書を受け取りました。
陳情には小口利幸会長(塩尻市長)と、栁田清二副会長(佐久市長)が議長室を訪れ、「軽油引取税に係る課税免除措置の再延長」、「子どもの貧困対策事業に対する補助制度の創設」、「長野県福祉医療費給付事業補助金の補助対象範囲の拡大」など21項目です。
垣内議長からは、陳情事項については地域の活力を発揮するために必要不可欠な課題であることを認識するとともに、要望項目の中には、すでにこれまで意見書等を通じて予算の確保をはじめ、国、県に対して要望してきていることなどを伝えるとともに、県議会としても努力していくことを確認させていただきました。
この日は、長野県土地改良事業団体連合会の陳情もお受けいたしました。
藤原忠彦会長はじめ役員の皆様お揃いで議長室にお出かけいただき、農業農村整備の推進8項目について陳情いただきました。
垣内議長からは、県議会としても優先して取り組む課題として認識しているとともに、去る22日には上京して、国に対して当初予算の継続的な確保等についての要望を行ったことなどを伝えさせていただきました。

▲ ページトップへ>

2017.05.30

県消防防災航空隊員9名の合同追悼式が行われました。

県消防防災ヘリコプター「アルプス」が3月5日、松本市入山辺の山中に墜落した事故で死亡した、県消防防災航空隊員9名の合同追悼式が30日、松本市の県松本文化会館で行われました。
長野県と県消防長会が主催。ご遺族はじめ国、県、市町村、消防関係者ら約2000人が参列して、殉職された9名の隊員の皆様のご冥福をお祈りしました。
壇上には9名の隊員の遺影が掲げられ、全員で黙とうしました。
これまで数々の人命救助、消火活動に尽力した9名の功績を称え、消防庁長官顕彰、県知事表彰などがご遺族の皆様に贈られました。
北アルプス広域消防本部から派遣されていた伊藤渉隊員も犠牲になられ一人です。改めて、高い志をもって任務にあたられていた伊藤様はじめ9名の隊員のご冥福をお祈りするとともに、ご家族皆様にお悔やみ申し上げます。

▲ ページトップへ>

2017.05.29

大町建設事務所管内の現地調査を実施しました。

大町建設事務所管内の現地調査を29日実施しました。
現地調査には清水孝二所長はじめ担当者の皆さんが同行。現地で事業の概要、事業計画、今後の方針などについて説明を受け意見交換しながら現地を確認しました。
この日現地を確認した箇所は、北大町の街路事業、国道148号借馬木崎間の歩道設置、小島信濃木崎停線の源汲ー西原間の改築工事、主要地方道大町麻績インター千曲線改築工事など10か所です。
工事個所についてはできる限り早い完成、事業予定個所については早期に事業化が図れるよう要望し、私も全力で取り組んでいくことなどを確認させていただきました。

▲ ページトップへ>

2017.05.29

長野県長寿社会開発センター大北地区賛助会総会・研修会が開催されました。

長野県長寿社会開発センター大北地区賛助会(丸山高会長)の平成29年度総会・研修会は29日、大町合同庁舎講堂で開催されました。
新年度では、会員講座の開催、信州ねんりんピックスポーツ交流、ねんりんピック文化芸術交流大会への参加などを通して、高齢者の仲間づくり、会員の増強などを図っていくことなどを決定しました。
研修会では、宮田守男先生を講師に「高齢者が目指す社会参加活動」と題しての講演が行われました。

▲ ページトップへ>

2017.05.28

すわ光昭後援会総会が開催されました。

すわ光昭後援会(横澤厚信会長)の総会は28日、大町温泉郷黒部観光ホテルで開催しました。
県議会2月定例会の役員人事で、県議会第95代副議長に就任したお祝いも兼ねての開催となりました。
席上、出席者の皆様からは心温まるお言葉をはじめ、激励の言葉をたくさんいただきました。感謝の気持ちで一杯です。
垣内基良議長を補佐しながら手を携え、公平公正な議会運営に努めるとともに、県民の皆様が安心して安全に生活できる県土づくりに向け、任期中は全力で取り組むことを誓わさせていただきました。
総会では、今年度も東日本大震災復興支援を冠にしたマレットゴルフ大会、地区懇談会、議会傍聴などの事業計画を決定いただきました。

▲ ページトップへ>

2017.05.28

大町地区交通安全協会定期総会が開催されました。

大町地区交通安全協会(中村博郎会長)の定期総会は28日、大町温泉郷の立山プリンスホテルで開催されました。
席上、長年にわたり交通安全啓発活動、交通事故防止に尽力くいただき功績を残された皆さん、優良運転者の皆さんへの表彰がありました。
受賞者の皆様おめでとうございます。引き続き、地域の交通安全事故防止のためお力添えを宜しくお願い申し上げます。
「思いやり 乗せて信濃路 咲く笑顔」のスローガンのもと、高齢者の事故防止、通学路・生活道路の安全確保と歩行者保護の徹底、飲酒運転の根絶など、6本の重点事項に取り組むことなどの事業計画を決定しました。

▲ ページトップへ>

2017.05.28

仏崎観音寺御開帳が開催されました。

大町市常盤の仏崎観音寺(野口心成住職)の七年に一度の「御開帳」が28日に開催されました。
同寺の信徒総代(栗林俊博委員長)が、これまで準備を進めてきました。
回向柱を建立し、稚児行列、大般若法要などで節目の年をお祝いするとともに、子どもたちの健やかな成長、地域の平和と安全、豊かな実りなどを願いました。

▲ ページトップへ>

2017.05.27

アルプス囲碁村まつり前夜祭が開催されました。

第17回アルプス囲碁村まつり前夜祭は27日、大町温泉郷黒部観光ホテルで開催されました。
前夜祭に先立って同ホテルで、二十四世本因坊秀芳先生、小川誠子六段はじめ日本棋院からご参加の8名の先生による指導碁も行われました。
前夜祭では本因坊秀芳先生はじめ8名の先生を囲んでの懇親パーティ―も行われ、サインを求めたり、写真撮影などで和やかに懇談が続けられました。
28日は大町市運動公園体育館で知事杯・市長杯争奪囲碁大会が開催され、各クラスごとで優勝を目指し、熱戦が展開されました。

▲ ページトップへ>

2017.05.27

長野県子ども育成連合会総会が開催されました。

一般社団法人長野県子ども育成連合会(宮澤淳治会長)平成29年度総会は27日、長野市の長野バスターミナル会館で開催されました。
席上、連合会、子ども会、子ども会活動の指導、育成に長年にわたり功労のあった指導者、育成者、団体の表彰がありました。大町市からは育成者の一人として中島登美雄さんが表彰を受けました。
受賞者の皆様おめでとうございます。引き続き、本県の子ども会の発展と、青少年の健全育成のためお力添えをお願い申し上げます。
県議会としても、子どもたちが健やかに、明るく成長していくことのできる県土づくりを目指して取り組んでいくことなどを確認させていただきました。

▲ ページトップへ>

2017.05.26

北アルプス広域シルバー人材センター総会が開催されました。

公益社団法人北アルプス広域シルバー人材センター(川本嘉瑞義理事長)の平成29年度総会は26日、大町市のサンアルプス大町で開催されました。
現在登録されている会員数は610名です。
新年度では、昨年6月に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」の高齢者の就労において、安全・適正就労の推進、就業機会の拡大、会員拡大、組織体制の充実強化に取り組み、地域に信頼されるセンターを目指すことなどを確認しました。

▲ ページトップへ>

2017.05.26

県内小学校の県庁見学が始まりました。

県内小学校の県庁見学が始まり、その一環として県議会議場の見学も行われています。
このため、県議会では広報委員会のメンバーを中心に小学生への議場説明を行っています。
26日は佐久市の野沢小学校の生徒が見学に訪れました。
この日は、人数の関係で2班に分かれて議場を見学しました。
議場で行われる議論について、県議会の仕事、議場のレイアウトなどを説明しながら、児童の皆さんからの質問にも答えさせていただきました。

▲ ページトップへ>

2017.05.25

各総代会や大会、各総会が開催されました。

総会の季節です。
25日は大北農業協同組合(山田高司代表理事組合長)総代会、大町市老人クラブ大会(内川三郎会長)、大北食品衛生協会(松田邦正会長)総会、長野県商店会連合会(渡辺晃司会長)総会が大町市、白馬村、長野市内でそれぞれ開催されました。
各団体、機関ともに一年を振り返りながら、新年度での事業・予算等を決定し事業が力強くスタートしました。
市老人クラブ大会の席上では、長年にわたりクラブの役員としてご尽力いただいた皆さんをはじめ、功労単位クラブ、クラブ活動推進功労者、百歳賀寿祝者、米寿、金婚者の皆さんがそれぞれ表彰を受けられました。
受賞者の皆様おめでとうございます。これからもお元気に活動を継続していただきますようお願い申し上げます。
県商店会連合会では、活力ある地域づくりを形成していくためには地域の魅力や特性を把握している、商店会の皆さんの戦略づくりと実践が求められています。県議会としても、地域経済の活性化、持続発展のため県連の皆様と手を携え取り組む決意を述べさせていただきました。


▲ ページトップへ>

2017.05.24

長野県宅地建物取引業協会創立50周年記念式典・記念講演・祝賀会が開催されました。

長野県宅地建物取引業協会(長澤一喜会長)創立50周年記念式典・記念講演・祝賀会は24日、長野市のメルパルク長野で開催されました。
同協会は、創立から県の社会基盤となる土地、建物の流通と充実に向け取り組むなど、大きな足跡を残してきていただきました。
県土の発展、県民生活の向上、経済の活性化には欠かすことのできない存在です。
大きな節目を契機に、引き続いて、協会の力を結集され長野県の産業振興、豊かな県土づくりに向け、お力添えを賜りますようお願い申し上げます。
記念式典後には、落語家の三遊亭円楽師匠を講師に「笑いと健康」と題しての講演が行われました。
引き続いて祝賀会が行われ、全国から集まった関係者の皆様と、50年の歴史を振り返りながら和やかに懇談が続けられました。


▲ ページトップへ>

2017.05.23

県議会に対して要望書を受け取りました。

県議会に対して23日、小諸市、御代田町、軽井沢町の各商工会議所、商工会、観光協会の要望が県議会議長室で行われ、垣内基良議長に代わって「要望書」を受け取りました。
要望書は、「県議会議員選挙区の区割り等について」です。
主旨は「小諸市・御代田町・軽井沢町で定数2の合区」を求める内容です。
県議会では昨年7月から、「選挙区等調査特別委員会」を設置して、一票の格差、議員定数、選挙区について検討を進めているとともに、25日には特別委員会が佐久市において、選挙区の現地調査を行うことなども伝えさせていただきました。
加えて、要望内容については速やかに垣内議長、古田芙士委員長に伝える旨も答えさせていただきました。


▲ ページトップへ>

2017.05.23

長野県生コンクリート工業組合総会と、長野県中小企業団体中央会総代会が開催されました。

長野県生コンクリート工業組合(山浦友二理事長)の平成29年度総会と、長野県中小企業団体中央会(春日英廣会長)総代会は23日、長野市のホテル国際21と、ホテルメトロポリタン長野でそれぞれ開催されました。
総会・総代会会ともに県議会を代表してお祝いの言葉を述べさせていただきました。
生コン工業組合では、昨年9月の定例会で、「公共事業の予算確保等を求める意見書」を採択。国に対して真に必要な社会資本整備のための公共事業の予算確保を求めたことと、同工業組合と手を携え、豊かで安心して暮らせる県土づくりに向け取り組むことを確認させていただきました。
中小企業団体中央会では、県内の景気が力強く回復し、確かな暮らしが実感でき、地域の活力があふれる長野県づくりと、長野県経済の根幹をなす中小企業の発展に向け最大限の努力を傾注していくことを述べさせていただきました。


▲ ページトップへ>

2017.05.22

各所の主要事業説明が開催されました。

北アルプス地域振興局、大町建設事務所、大町保健福祉事務所、北アルプス農業改良普及センター、大町警察署などの平成29年度主要事業説明を22日、大町合同庁舎で開催しました。

4月1日から新しい体制となった北アルプス地域振興局からは組織体制、各課の主要事業、重点目標などについて、それぞれ担当者から資料を基に説明を受け、意見交換しました。


▲ ページトップへ>

2017.05.21

大町護国神社例祭が斎行されました。

大町市の若一王子神社境内にある大町護国神社(竹内直彦宮司・山本勝洋総代会長)例祭は21日、厳粛に斎行されました。
大町地区遺族会(大西正義会長)の皆さんも出席して、英霊の御霊の永久に安らかなことを祈りました。
戦後72年が経過しました。改めて歴史を振り返りながら、今日の平和と繁栄は戦没された御霊の郷土愛の至情と犠牲の上で築かれていることを忘れることなく語り継ぎ、平和の尊さ、戦争の悲惨さを胸に刻み、戦争のない、世界の恒久平和実現への誓いを新たにしました。
例祭に先立って、大町地区遺族会の総会も同神社参集殿で開催し、今年度の事業などを確認しました。


▲ ページトップへ>

2017.05.20

北信越県議会議員野球大会が開催されました。

第11回北信越県議会議員野球大会は20日、金沢市の石川県立野球場で開催しました。
福井県を除く4県が参加しました。
長野県議会議員野球クラブは一回戦は新潟と対戦16-3で快勝しました。
決勝は富山県と対戦。延長の結果13-15で二年連続の優勝は逸しました。
前日は市内のホテルで開会式を行い健闘を誓いました。
北陸新幹線の金沢延伸で観光客の伸びが著しい金沢市内、石川県の様子などに触れながら、福井、敦賀までの延伸に向けた取組みなどでも意見交換し、和やかに懇談させていただきました。


▲ ページトップへ>

2017.05.18

大町市観光協会総会が開催されました。

大町市観光協会(牛越徹会長)の平成29年度総会は18日、くろよんロイヤルホテル開催されました。
新年度は「立山黒部アルペンルート・黒部ダム」を主軸としたプロモーションを展開しながら、大町でしか体験できない自然、文化、歴史など市の観光資源の活用に焦点をあてげながら、大町の魅力などの情報発信し、観光誘客を進めることを決定しました。
訪日観光客へのプロモーションと受け入れ態勢の整備、信州DC、北アルプス国際芸術祭への協力、登山・山小屋関係者との連携による「信濃大町なび」の登山情報の更なる強化などの重点項目について取り組んでいくことなど確認しました。
役員改選が行われ、副会長が一人不在だったことから、新たに大町市旅館業組合の内田幹二組合長を選任を決定し、牛越会長はじめとする役員は再任しました。


▲ ページトップへ>

2017.05.18

長野県砂利砕石業協会総会が開催されました。

一般社団法人長野県砂利砕石業協会(高見澤秀茂会長)の第49回総会は18日、長野市の長野ホテル犀北館で開催されました。
新年度では、労働災害防止講習会、会員研修会の開催をはじめ、骨材の安定供給、確保事業、地産地消の推進などに取り組むことなどの事業計画を決定しました。
席上、業界の発展に功労のあった業界功労者と、永年勤労者の表彰がありました。
受賞された皆様おめでとうございます。今後も引き続きご活躍くださいますようご祈念申し上げます。



▲ ページトップへ>

2017.05.17

大北防犯協会連合会総会が開催されました。

大北防犯協会連合会(牛越徹会長)平成29年度総会は17日、大町市のサンアルプス大町で開催されました。
席上、県の防犯協会連合会表彰の若林みどりさん、特殊詐欺被害の防止を未然に防いだ防犯功労3団体と、防犯指導員など長年にわたり地域の安全に尽力した防犯功労者7名の皆さんに表彰状が贈られました。
受賞者の皆様おめでとうございます。引き続き、地域の安全・安心のためのご指導宜しくお願いします。
新年度では、「安全で安心な地域づくり」を基本方針に、犯罪の未然防止・未然防止活動を推進していきことなどを確認しました。
「みんなで つくろう 安心の街 大北」を合言葉に、地域の連携と助け合いにより、犯罪の未然防止と安全で安心な地域の実現をめざし、力を合わせて努力する」と、地域安全推進宣言を全会一致で採択しました。


▲ ページトップへ>

2017.05.17

長野県シニア大学大北学部の講座がら始まりました。

長野県シニア大学大北学部の一年生の講座が17日から始まりました。
今年度も第1回の講座を担当させていただきました。
「大北地域の課題を考えると」題して、平成27年度から始まった、「信州創生戦略」と、「医師確保対策」の現状と課題、県の取り組み状況、今後の施策の推進などについて説明させていただきました。
午前中は、大町市の天正寺の市川秀乗住職の講座も開催されました。


▲ ページトップへ>

2017.05.16

関東甲信越1都9県議会議長会が開催されました

第264回関東甲信越1都9県議会議長会は16日、17日の両日、長野市で開催されました。
年2回各県持ち回りで開催しています。今回は長野県が当番県で担当しました。
この日提出された議案は、「国民健康保険制度の財源の確保について」をはじめ10議案が提案され、原案通り採択されました。長野県からは、「太陽光発電施設建設に係る法整備等を求めることについて」を提案しました。
採択された議案は、いずれも7月25日開催予定の、全国都道府県議長会定例総会に関東甲信越ブロックの議題として提出することも決定しました。
このほか、全国都道府県議会議長会役員人事、委員会所属等についても決定しました。
17日は長野市内にある、株式会社みすずコーポレーションを視察しました。
同社は、明治35年(1902年)に創業。こうや豆腐、油揚げ、大豆加工品、冷凍食品等を製造しています。
塚田裕一社長から会社概要等について説明を受けたあと、4班に分かれて工場内を見学させていただきました。


▲ ページトップへ>

2017.05.15

長野県日中友好協会定期大会・祝賀パーティーが開催されました。

第55回 2017年度長野県日中友好協会(高波謙二会長)定期大会・祝賀パーティーは15日、長野市のホテル国際21で開催されました。
今年は日中国交正常化45周年の節目の年を迎えました。
日中間には領土問題、歴史認識など複雑な課題が存在していますが、訪日観光客は650万人に迫るなど、民間での交流は着実に推進されています。
45周年を記念した県日中友好協会訪中団が今月派遣されます。
8月には北京で日中友好都市中学生卓球交歓会が開かれ、長野県からも6チームが参加を予定しています。
また、秋には中国へのチャーター便「友好の翼」の実現も期待されるなど、日中関係の好転に向けた取組みが粘り強く続けられています。
定期大会では、日中国交正常化45周年をお祝いするとともに、河北省をはじめとした中国との交流促進、中国帰国者、中国留学生、実習生への支援と交流促進を図っていくことなどが確認されました。
定期大会には、中華人民共和国駐日本国大使館の郭燕公使が来賓として出席。日中間の密接な関係が、官民挙げての友好事業を通して築かれていくことに対して期待の言葉が寄せらなど、和やかに懇談が続けられました。



▲ ページトップへ>

2017.05.14

大北建設労働組合定期大会が開催されました。

大北建設労働組合(丸山更組合長)の第60回定期大会は14日、大町市のサンアルプス大町で開催されました。
「組織拡大に努め、仕事と安定した暮らしを守ろう。」を柱とした、15項目の大会スローガンを採択しました。
建設国保を守る運動、組織の強化と拡大、仕事確保と生活を守る運動、助け合い制度の発展など第60期運動方針が提案され、承認されました。



▲ ページトップへ>

2017.05.13

社ソフトボール連盟開幕式が開催されました。

社ソフトボール連盟(矢口博文会長)の開幕式は13日、社公民館で開催されシーズンの開幕をお祝いしました。
37回目を迎える今シーズンは、5チームによる前・後期のリーグ戦で優勝を目指します。
毎週水曜日・金曜日に、やしろ運動公園運動場を会場に、ナイターで行います。
開幕式では、昨年度優勝の館之内ソフトボールクラブの中島和貴主将が、力強く選手宣誓してリーグ戦での健闘を誓いました。



▲ ページトップへ>

2017.05.13

大北PTA連合会総会が開催されました。

大北PTA連合会(竹田秀喜会長)の平成29年度総会は13日、大町市の大町公民館分室で開催されました。
平成28年度事業、会計決算、平成29年度事業計画、予算などについて原案通り承認しました。
今年度の研究協議会は10月21日、高瀬中学校を会場に開催します。
役員改選が行われ、小林茂明会長(大町東小)をはじめとする新体制を承認しました。



▲ ページトップへ>

2017.05.11

建築士会大北支部、建築士事務所協会大北支部総会及び協議会が開催されました。

長野県建築士会大北支部(縣武支部長)と、長野県建築士事務所協会大北支部(吉川馨支部長)の総会及び協議会は11日、大町市のアプロードで開催されました。
新年度の建築士会では、総務・情報委員会など5委員会の活動をはじめ、空き家相談、応急危険度判定訓練などを実施していくことなどを決定しました。
役員改選も行われ、新しい支部長に原昌寛氏が就任しました。
建築士事務所協会では、木建安全パトロール、耐震診断判定業務にかんするPR、市町村と耐震及び改修にについての技術懇談会などの開催事業を決定しました。



▲ ページトップへ>

2017.05.10

長野県シニア大学大北学部入学式が開催されました。

長野県シニア大学大北学部(小松仁学部長)の平成29年度入学式は10日、大町合同庁舎講堂で開催されました。
昭和55年(1980年)に開学し、これまで2,348名の卒業生を送り出してきました。
今年度は第38期生で、49名(男性15名・女性34名)の新入生が入学しました。2学年は54名(男性20名・女性34名)が在籍しています。
式では、入学生を代表して飯島伸一さんが入学の動機に触れながら挨拶。在校生を代表して北村正さんからは歓迎の言葉が述べられました。



▲ ページトップへ>

2017.05.09

北アルプス地域振興局農地整備課現地調査を実施しました。

北アルプス地域振興局農地整備課の現地調査を9日実施しました。
調査には太田雅弘課長はじめ、担当者の皆さんも同行して事業個所、予定個所などで事業の概況、今後の方針、計画などについて説明を受けました。
この日の調査個所は、大蔵宮地区の農村地域防災事業、居谷里地区の県単緊急農地防災事業、境の宮地区、切久保地区の地すべり対策事業など5か所について確認させていただきました。



▲ ページトップへ>

2017.05.08

大町建設事務所に提出されていた要望箇所の調査を実施しました。

稲尾自治会(傘木康裕自治会長)から、大町建設事務所に提出されていた要望箇所の調査を8日、実施しました。
この日の調査は、要望事項の内、「木崎湖東海岸の甲蓋の設置と、覆いかぶさる大木の枝と法面雑木の除去整備」と、「国道148号線の路面補修と振動軽減対策」についてです。
傘木自治会長から、それぞれ現地で説明を受け、要望事項を再確認するとともに、今後の対応などについて意見交換しました。
調査には大町建設事務所維持管理課の手塚雄保課長はじめ担当者の皆さんにも同行いただき、検討いただくことなどを確認させていただきました。



▲ ページトップへ>

2017.05.07

平ソフトボール連盟開幕式が開催されました。

平ソフトボール連盟(傳刀孝男会長)の開幕式は7日、平運動場で開催されました。
今シーズンは昨年同様の8チームが登録。前半戦・後半戦のリーグ戦で優勝を目指します。
開会式では、昨年度優勝の西部愛球の合津徳夫主将が、選手宣誓して今シーズンの健闘を誓いました。
開幕ゲームに先立ち、打者牛越徹市長、捕手小林豊美顧問(歴代会長)、投手諏訪光昭で始球式を行い開幕をお祝いしました。



▲ ページトップへ>

2017.05.06

大町市民ゴルフ大会が開催されました。

第16回大町市民ゴルフ大会は6日、安曇野市の穂高カントリークラブで開催されました。
大会には117人が出場し、18ホールストロークプレーで梅グループ・桜グループ(ぺリアの部)と、グロスの部(男・女の部)で、それぞれ優勝を目指しました。
前半は少し雨模様でしたが、その後は青空も広がり思い思いのプレーを満喫。交流、親睦を深めながら快音を響かせていました。



▲ ページトップへ>

2017.05.03

大町ソフトボール連盟リーグ戦開幕式が開催されました。

大町ソフトボール連盟(宮脇寛会長)の平成29年度リーグ戦開幕式は3日、運動公園多目的広場で開催しました。
昨年から1チーム減の15チームでリーグ戦を展開します。この日は8試合を行いシーズンがスタートしました。
開会式では、昨年度優勝の南原ソフトクラブの松沢重夫選手が力強く選手宣誓して、リーグ戦での健闘を誓いました。
このほか、同連盟恒例の「福祉寄付」の贈呈が行われ、宮脇会長から大町市社会福祉協議会の奥村剛会長に手渡されました。
開幕試合に先立ち、投手・牛越徹市長、打者・務台俊介衆議院議員、捕手・諏訪光昭で始球式を行い開幕を祝いました。



▲ ページトップへ>

2017.05.02

大北地区農業振興推進協議会総会が開催されました。

大北地区農業振興推進協議会(宮澤敏文会長)の平成29年度総会は2日、大町合同庁舎で開催しました。
新年度では、管内市町村、農業団体等が連絡協調を図り、全国に誇れる有数の資源を持つ観光、商業の振興とも連携しながら大北地域の個性ある農業の展開を目指していくことを確認しました。
農政活動、農業振興の推進、農畜産物等のブランド化の推進、地産地消と食育の推進のための各事業を進めていくことなどを決定しました。



▲ ページトップへ>