印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


長野県議会議員 すわ光昭 オフィシャルサイト
  ■危機管理建設委員会委員 ■議会運営委員会委員

2016.06.30

県議会は議員提出議案11議案を可決しました。

県議会は30日の本会議で議員提出議案11議案を可決しました。
ギャンブル等依存症対策の強化を求める意見書、山岳遭難救助対策の推進を求める意見書、加計学園・森友学園に関する真相究明と説明責任を全うすることを求める意見書などです。
このほか、任期満了に伴う県収用委員5名の人事案も同意しました。



▲ ページトップへ>

2016.06.27

県議会6月定例会は一般質問が行われました。

開会中の県議会6月定例会は27日から30日まで4日間、一般質問が行われ31名が質問に立ちました。
午後から再開の本会議では4日間にわたって垣内基良議長に代わり、議事進行を務めさせていただきました。



▲ ページトップへ>

2016.06.26

垣内基良議長に代わり請願書を受取りました。

望月高校同窓会(竹花健太郎会長)・佐久市・もちづき教育未来会議からの請願が26日、議長室で行われ、垣内基良議長に代わり請願書を受取りました。
請願の主旨は「小規模校ならではの利点を生かし、生徒へのきめ細かな支援、地域との連携を生かした教育活動など重要な役割を果たしている望月高等学校の存続を求める」内容です。
私からは、「望月高校のこれまでの90年の歴史と伝統は地域にとって非常に大切なことを改めて認識させていただきました。付託される所管の委員会でしっかりと審査していただくとともに、高校のあり方の見直しについては、地域への影響も大きいことから、県議会としても十分議論を尽くしていく」ことなどを伝えさせていただきました。
請願には、地元の小山仁志県議はじめ4人の議員が同行して地域の声を伝えていただきました。



▲ ページトップへ>

2016.06.25

長野県視覚障害者福祉大会が開催されました。

社会福祉法人長野県視覚障害者福祉協会(中山吉泰理事長)の第70回長野県視覚障害者福祉大会は25日、松本市のホテル翔峰で開催されました。
県議会を代表して出席させていただきました。
大会では、差別解消法施行にあたり、民間事業者の合理的配慮を促進するよう助成金制度を設けることなど12項目の決議案を全会一致で採択しました。
県議会として、「誰もがお互いを尊重して誇りを持ちながら、安心して暮らすことのできる社会の実現に向け努力していくこと」を、あいさつの中で述べさせていただきました。



▲ ページトップへ>

2016.06.25

社地区敬老会が開催されました。

社地区敬老会実行委員会(羽田忠之委員長)主催の社地区敬老会は25日、大町温泉郷の黒部観光ホテルで開催されました。
地区内の75歳以上の皆さんを招待して、長寿をお祝いしました。
どんぐり保育園児、大町東小学校4年生の歌と踊り、発表のほか、ジェームス遠藤さんによるアトラクションなどがステージ行われ、昼食を食べながら和やかに懇談が続けられました。



▲ ページトップへ>

2016.06.24

大町岳陽高等学校同窓会総会が開催されました。

大町岳陽高等学校同窓会総会は24日、大町市のJAアプロードで開催しました。
昨年4月に大町高校と大町北高校が再編統合され、大町岳陽高等学校が開校しました。
旧大町高校・大町北高校両同窓会もそれぞれが解散して、新たに大町岳陽高等学校同窓会として6月に発足しました。
総会では平成28年度事業、決算、平成29年度事業計画、予算案などについて原案通り承認しました。
同窓会・PTA・学校共催による開校記念式典は平成30年6月16日に同校の新体育館で開催することなども確認しました。
総会に先立っては、大町高校第24回卒業で、ザ・ぺニュンシュラホテルズ日本・韓国地区営業本部長を務める中村清氏が、「旅とおもてなし」と題して、講演しました。



▲ ページトップへ>

2016.06.24

第9回ラベンダー祭りが開催されました。

八坂野平自治振興会主催の第9回ラベンダー祭りは24日、25日の両日、同地区内のラベンダー圃場を中心開催されました。
例年より気温が低いこともあって開花が遅く満開の下ではありませんでしたが、梅雨の晴れ間の中でラベンダー特有の香りが漂い、摘み取り体験、スティック、石鹸づくりなどの体験もおこなわれ、大勢の来場者で賑わいました。



▲ ページトップへ>

2016.06.23

長野県立大学(仮称)開学プレイベントが開催されました。

長野県立大学(仮称)開学プレイベント「SOCIAL INNOVATION NAGANO」が23日、長野市の芸術館リサイタルホールで開催されました。
来年4月に開学を目指す県立大学設立準備課が開催して、県立大の果たす役割、社会課題解決などで議論を深めました。
パタゴニア日本支社長の辻井隆行氏が、「パタゴニアの考える企業の責任とは」と題して、基調講演しました。
引き続いて、県立大学理事長予定者の安藤国威氏からは「長野県立大学が目指すもの」と題しての講演、パネルディスカッションも行われました。



▲ ページトップへ>

2016.06.22

県議会広報委員会が開催されました。

県議会の広報委員会は22日開催し6月定例会広報誌等の作成スケジュールなどについて協議しました。
夏休みの県庁見学イベントは7月27日に開催を決定しました。
「こんにちは県議会」の開催については、県内高等学校、全県下の高校生、中山間地域の小規模町村等の3回開催することを決定しました。
詳細については次回、7月6日の広報委員会で決定していくことなどを確認しました。



▲ ページトップへ>

2016.06.22

県議会6月定例会会期は7月7日までです。

県議会6月定例会は22日開会しました。会期は7月7日までの16日間です。
5月19日に飯山市で発生した山腹崩落災害対応、公立大学法人長野県立大学設立に必要な評価委員会の設置及び運営などのに関する費用を盛り込んだ一般会計補正予算案6億9千万円余と一部条例改正、新設条例案などが提出されました。
阿部守一知事は議案説明で、消防防災ヘリの墜落事故について触れ、亡くなられた隊員の功績をたたえるとともに、県消防防災航空体制の再構築に向けた検討を進めていくことに意欲を示しました。
このほか、飯山市の山腹崩壊災害への対応、次期総合5か年計画の策定、森林づくり県民税に関しての検討状況、信州DCキャンペーンの取組み、大北森林組合補助金不適切受給に関連しても適切な対応に努める姿勢を示しました。



▲ ページトップへ>

2016.06.22

県議会各党派代表者との打ち合わせ会議が開催されました。

県議会各党派代表者との打ち合わせ会議は22日、議長室で開催しました。
この日は、自由民主党の本郷一彦団長から海外調査について、「今年度はタイと台湾に4泊5日の予定で、関係する委員長等を2名程度議員派遣する」内容です。
各会派からは異論なく、今後議会運営委員会で検討いただくことを確認しました。



▲ ページトップへ>

2016.06.20

一般社団法人長野県農業会議通常総会が開催されました。

一般社団法人長野県農業会議(望月雄内会長)の第2回通常総会は20日、松本市の浅間温泉文化センターで開催されました。
県議会を代表してお祝いの言葉を述べさせていただきました。
県農業会議には、地域農業の牽引役を担っていただいています。県議会としても、農業に携わる皆さんがやりがいをもって安心して取り組める活力ある農業実現に向け、県農業委員会議と手を携え努力することを確認させたいただきました。



▲ ページトップへ>

2016.06.18

垣内議長の議長就任祝賀会が開催されました

長野県議会第91代議長に就任した、垣内基良議長の議長就任祝賀会は18日、箕輪町の伊那プリンスホテルで開催されました。
後援会員の皆様をはじめ、阿部守一知事、県議会議員も多数出席して、垣内議長のお人柄、県議会活動のエピソードなどを交えながらお祝いの言葉が述べられ、県議会の先頭に立っての手腕に期待の言葉が寄せられました。



▲ ページトップへ>

2016.06.18

市立大町総合病院病院祭が開催されました。

市立大町総合病院(井上善博事業管理者)の「第7回病院祭」は18日、同病院内、駐車場などを会場に開催されました。
「知ってふれあう わたし健康 みんなの病院」をテーマに、様々なイベントが展開されました。
医師による特別講演もあり多くの聴講者が訪れ耳を傾けました。
県でも大町保健福祉事務所が院内の一角にブースを設けて、がんに関しての啓発活動などを実施しました。



▲ ページトップへ>

2016.06.18

大町市ポンプ操法・ラッパ吹奏大会が開催されました。

平成29年度大町市ポンプ操法・ラッパ吹奏大会は18日、鹿島槍スポーツヴィレッジ中綱駐車場で開催されました。
ポンプ車操法の部に6チーム、小型ポンプ操法の部に9チーム、ラッパ吹奏の部に2チームが出場して、日頃の練習の成果を披露してタイムと技術を競いました。
開会式では、第2分団3部Bチームの指揮者を務めた西澤剛志選手が、力強く選手宣誓して健闘を誓いました。
各部の優勝チームは7月9日、池田町で開催する大北大会に出場します。



▲ ページトップへ>

2016.06.17

一般社団法人大町青年会議所創立35周年記念式典・祝賀会が開催されました。

一般社団法人大町青年会議所(松澤敏樹理事長)創立35周年記念式典・祝賀会は17日、大町温泉郷の黒部観光ホテルで開催されました。
県内外の各地青年会議所メンバーをはじめ、多くの来賓の皆さんが出席して、これまでの歩みを振り返りながら節目の年をお祝いしました。
式典終了後は祝賀会が開かれ、大町青年会議所を構成する各市町村のPRタイムなどを通して、地域の魅力を伝えるとともに和やかに懇談が続けられました。



▲ ページトップへ>

2016.06.17

公益社団法人長野県看護協会総会が開催されました。

公益社団法人長野県看護協会(三輪百合子会長)の平成29年度総会は17日、松本市の長野県看護協会会館で開催されました。
県議会を代表してあいさつさせていただき、「県民一人ひとりが健康で安心して暮らしていくことができる長野県を目指して最大限の努力をしていく」旨の挨拶させていただきました。



▲ ページトップへ>

2016.06.15

6月定例会の知事提出議案、会期、議事運営などについて協議しました。

県議会議会運営委員会は15日開催し、22日開会の6月定例会の知事提出議案、会期、議事運営などについて協議しました。
知事提出議案は一般会計補正予算案をはじめ、条例案など15議案。そのほか、専決処分報告18件があります。
追加提出予定の、収用委員会委員及び同予備委員の選任についても了承しました。
会期は22日から7月7日までの16日間です。
一般質問は27日から30日。各委員会は3日から5日で、総務企画警察委員会は6日までの開催です。



▲ ページトップへ>

2016.06.12

県立大学設立準備課より今後のスケジュール等について説明を受けました。

平成30年4月に設立する、県立大学開学に向け準備を進めている県立大学設立準備課は12日、金田一眞澄学長予定者はじめ、玉井裕司事務局長兼県立大学設立担当部長らが副議長室を訪れていただき、今後のスケジュール等について説明を受けました。
大学の設置許可、広報・入学者選抜、教育課程・学生受け入れ準備、大学法人の設立、施設整備など、いずれの事業ともに順調に推移していていることを確認できました。
このほか、県議会6月定例会に提案される、「公立大学法人長野県立大学評価委員会」の設置と概要、公立大学法人長野県立大学定款などについても説明を受け意見交換させていただきました。



▲ ページトップへ>

2016.06.09

奥原希望さんを応援する会役員会が開催されました。

奥原希望さんを応援する会(牛越徹会長)の役員会は9日、大町市役所で開催しました。
昨年、リオデジャネイロで開催のオリンピックで、バトミントン女子シングルスでは、日本人初めての銅メダル獲得した奥原選手(日本ユニシス)の
応援事業、記念事業、情報発信事業などを振り返りながら、2020年の東京オリンピックの出場と、再びメダル獲得に強い意欲を持つ奥原選手を引き続き支援していくことなどを決定しました。
現在奥原選手はナショナルチームのA代表として世界の舞台で活躍しています。
第2の奥原希望発掘プロジェクト、大町市で開催のバトミントン大会への協力などの事業事業計画も確認しました。



▲ ページトップへ>

2016.06.08

県内小学生の県庁見学・議会棟見学が続いています。

6月に入り連日、県内小学生の県庁見学・議会棟見学が続いています。
議会棟見学に際しては、県議会の広報委員会の皆さんを中心に議場説明を行っています。
小学生の県庁見学のお手伝いができればと、議会の役割、県議会議員の仕事、議場内のレイアウトの説明を行いながら、小学生からの質問にも応じています。
見学に訪れた小学生の皆さんも、熱心にメモをとりながら耳を傾けていただいています。
限られた時間ですが、小学生の皆さん理解していただけるよう努めています。
私も上田市の西内小学校、原村の原小学校、茅野市の豊平小学校、伊那市の長谷小学校、高遠小学校の説明を担当させていただきました。



▲ ページトップへ>

2016.06.07

ふるさとの水とくらしを守る会の議長陳情を受けました。

ふるさとの水とくらしを守る会(瀧澤一夫会長)の議長陳情が7日、議長室であり垣内基良議長と共に陳情を受けました。
陳情の要旨は、上水内郡飯綱町の芋川前山地籍に計画している、「廃棄物最終処分場建設に反対する」関係住民の総意を理解して、県に対して強く求める内容です。
垣内議長からは、「豊かな水資源の保全、交通安全確保など地域住民の皆さんの不安については理解できる。所管の委員会で丁寧に審査し、県に対しても、地域住民の皆さんとの合意形成を通じて廃棄物の適正処理を図るという、条例の趣旨に沿った適切な対応するようしっかり伝える」旨を伝えしました。



▲ ページトップへ>

2016.06.07

北アルプス登山案内人組合連合会総会が開催されました。

北アルプス登山案内人組合連合会(松本正信会長)平成29年度総会は7日、安曇野市の穂高神社参集殿で開催されました。
新年度事業では、構成する8つの登山案内人組合が連携して、山岳観光の振興、自然環境の保護育成、山岳遭難事故防止に努め、会員相互の山岳ガイドとしての資質と技術向上に努めていくことなどを決定しました。
同時に、山岳雑誌への広告掲載など宣伝・誘客、関係機関団体等の連携・協力、南北遭対協・連合会合同救助技術訓練の実施なども確認しました。



▲ ページトップへ>

2016.06.07

知事との懇談会が開催されました。

県議会正副議長と各会派代表者と知事との懇談会は7日、県庁特別会議室で開催しました。
阿部守一知事からは冒頭、飯山市での山腹崩落事故、消防防災ヘリ事故、新たな総合5カ年計画など8項目について触れながら挨拶がありました。
加えて、池田秀幸危機管理監から「県消防防災ヘリコプター事故概要と対応状況等」と、熊谷晃観光部長から「信州デスティネーションキャンペーン」について、それぞれ説明がありました。
引き続いて、垣内基良議長はじめ各会派代表から県政課題等について質問、提言が寄せられました。
阿部知事はじめ、両副知事、出席部長から、それぞれ指摘した事項について答弁をいただきました。
私からは、消防防災ヘリ事故に伴い、県がこれまで対応してきていただいた、ご遺族の皆様への手厚い支援体制に感謝申し上げ、引き続いての支援体制、北アルプス芸術祭のPRなどを行いました。このほか、軽油引取税の課税免除措置の再延長について、地域振興局の組織改編が成果となって目に見える形の積極的な取り組みを求めました。
阿部知事との懇談会に先立っては、正副議長と各会派代表者との懇談会も議長室で開催しました。



▲ ページトップへ>

2016.06.06

新潟県・長野県議会道路等整備問題両県議会議員連絡協議会研修会が開催されました。

新潟県・長野県議会道路等整備問題両県議会議員連絡協議会の研修会は6日、新潟県妙高市の赤倉温泉ホテル太閤で開催しました。
北陸新幹線金沢延伸に伴う効果、道の駅を核とした地域振興の取組み、地域高規格道路松本糸魚川連絡道路の両県の取組み状況などについてそれぞれ説明を受け意見交換しました。
研修会終了後は、妙高SAへのスマートインターチェンジの設置、道の駅あらいの取り組み状況、上信越自動車道4車線化工事現場をそれぞれ視察して、現地で説明を受け懇談しました。
今後も両県間での情報交換しながら課題の解決に向け協力していくことなどを確認しました。



▲ ページトップへ>

2016.06.04

花見神社例祭が執り行われました。

大町市平野口の花見神社例祭は4日、花見戸隠神社境内で執り行われ、地域の平和と繁栄、豊かな実りの秋を祈りました。
同時に、花見公民館東側のわんぱく広場内に設置した東屋の竣工式を行い、完成を祝いました。
わんぱく広場には遊具も設置されていて、子どもたちばかりでなく親子、三世代交流拠点など、幅広く利活用が図られるように整備されました。



▲ ページトップへ>

2016.06.04

北アルプス国際芸術祭信濃大町食とアートの回廊2017が開幕しました。

「北アルプス国際芸術祭 信濃大町 食とアートの回廊 2017」が4日、開幕しました。会期は7月30日までの57日間です。
地域の固有の生活文化を表現する「食」と、地域の魅力を再発見する「アート」の力により、北アルプス山麓の地域資源を世界に発信し、地域の皆さんの協力で地域を元気にしていことを目的に開催しています。
JR信濃大町駅前の市営駐車場で開会式を行いました。
牛越徹実行委員長、阿部守一名誉実行委員長が歓迎のあいさつを述べるとともに、総合ディレクターを務める北川フラムから参加作家の紹介がりました。
開会式終了後に、オープニィングの見学ツアーに参加して、源流エリア作品を鑑賞させていただいたほか、昼食は期間中にタイアップされて提供される食事を満喫させていただきました。



▲ ページトップへ>

2016.06.03

東アジアバスケットボール選手権大会2017が開催されました。

公益財団法人日本バスケットボール協会(三屋裕子会長)主催の、「東アジアバスケットボール選手権大会2017」が3日から7日まで、長野市の真島総合スポーツアリーナを会場に開催されました。
2019年FIBAワールドカップと、2020年東京オリンピックへ向けた第一歩の大会です。
今年8月10日から20日の日程でレバノン・ベイルートで開催の「FIBA ASIAカップ2017」の地区予選も兼ねていることから、期間中は熱い戦いが展開されました。
3日に招待を受け、日本VS韓国のゲームを観戦させていただきました。
会場は大勢の観衆が集まり、熱い応援を繰り広げていました。
会場でバスケットボールの公式試合を見るのは初めてで、会場の熱気に包まれた興奮しながら、両国を代表する選手のトッププレーを観戦させていただきました。
この日のゲームは日本が78-72で勝利しました。



▲ ページトップへ>

2016.06.03

泉公害対策委員会を開催しました。

大町市の常盤泉区公害対策委員会(西沢俊夫委員長)は3日、泉公民館で、今年初めての「泉公害対策委員会」を開催しました。
昨年は、産業廃棄物処理施設からの耐え難い悪臭で悩まされた同地区の皆さんです。
現在は、産業廃棄物処理業者が発生源の悪臭軽減対策、汚泥流失処理も行われたことから、悪臭については落ち着いた状況を維持しています。しかし、抜本的な対策には至っていません。
同対策委員会では、市、県の関係者と共に悪臭問題の学習会を開催して情報交換しながら、今後の対応などについて意見交換しました。
市の生活環境課からは悪臭の原因と悪臭除去対策、測定方法と今後の指導などについて説明しました。
県の北アルプス地域振興局環境課からは、産業廃棄物処理業者の業務認可と、昨年の悪臭及び流失汚泥の対策などの経過について説明しました。



▲ ページトップへ>

2016.06.02

地域高規格道路松本糸魚川連絡道路建設促進期成同盟会総会が開催されました。

地域高規格道路松本糸魚川連絡道路建設促進期成同盟会(菅谷昭会長)の平成29年度総会は2日、大町市のアプロードで開催されました。
新年度の事業計画・予算などについて決定しました。
加えて、「~地域の安心・安全を担うアルプス街道~地域高規格道路松本糸魚川連絡道路の早期建設を求める」要望書を決議するとともに、その場で菅谷会長から要望書を受け取りました。
要望書では、安曇野北インター(仮称)から大町市街地南間の新設区間については沿線住民への丁寧な説明を行い、地域にとって最適な位置づけと、現道区間の活用区間では、立体交差、追越車線等の整備の進捗など5項目を求めています。
県議会といたしましても、同盟会の皆様と手を携え、同路線が一日も早く整備されるため協力していくことなどを確認させていただきました。



▲ ページトップへ>